プロフィール お問い合わせ
実績 新着情報
建築設計の手順 リンク集
トップページ

HOME > Works > Renovation > 京町家 火袋(通り庭)の再生

←記憶を刻む家 京町家 火袋(通り庭)の再生 HERMESオレンジ+FIATホワイ →
 

京都府
木造2階建
敷地面積:
建築面積:約174u
延床面積:約290u


CONCEPT


永く住み継がれた京町家。老朽化と共に、生活スタイルの変化で、保全、再生が必要となりました。
建物全体の構造計算による耐震補強を行い、伝統工法の構造強化を図りました。さらに、かつては、便利に使われてきた「通り庭」も、火袋を生かしたデザイン空間を提案。床上げしたキッチンエリアの上部には、収納室を新設し、火袋からの採光を1階まで通す工夫を、しています。
お庭を望む水廻りへの外部通路も、内部廊下とし、厳しい冬の寒さ対策も好評です。

 

photo/岡田 大次郎

▲ up